投資家&就活生必見!?FP主催「財務諸表」&「四季報」の読み方セミナーに参加してみた!~導入編~

こんにちは、トシヤです。

 

先日参加した東京証券取引所見学ツアーの翌日、名古屋のファイナンシャルプランナー織田昌典さん主催【世界共通のビジネス言語を学べ!「財務諸表」&「四季報」読み方セミナー (ダイジェスト版)】に参加してきました!

 

▼東京証券取引所見学ツアーについての記事はコチラ▼

投資家は必ず行くべき?東京証券取引所見学ツアーに参加してみた!

2018.07.31

 

セミナーに参加する以前は四季報は就職活動以外接したことがなく程遠い存在であり、財務諸表に至っては「ザイムショヒョーって何それ?美味しいの?←」って感じでした 笑

でも、財務諸表も四季報も ”投資の必須項目” とのことで、以前から気になる存在でしたし、

さらにお金に関する専門家であるファイナンシャルプランナーの方に教えていただけるということでワクワクしていました!

 

財務諸表や四季報の読み方や使い方はたくさんあるため、今回のセミナーまず財務諸表や四季報が何なのかを知ることができる初心者向けのダイジェスト版でした。

とは言いますものの、ひとつの記事では書ききれないため、今回はまず導入編ということで書いていきます!

 

なぜ投資家たちは難しい勉強をするの?

難しい単語が多くとっつきずらいにもかかわらず、そこまでしてなんで投資家たちは難しい勉強をわざわざするんでしょうか?

その理由は主に2つあります。

Point!
  1. 将来有望な企業を見つけるため
  2. 未来を予測するため

うん、どういうこと~?って感じですよね。笑

ここからできるだけわかりやすく書いていきますね。

 

人と同じように会社にも「性格」がある?

そうなんです。笑

「ちょっと何言ってるのかわかんない」というサンド富沢のボケは無視します。←

会社というものが何なのかというところがポイントです。

 

会社は「法人」のひとつ

会社は「法人」とも言われます。

それでは法人とは何なのでしょうか?

人にはさまざまな権利や義務が認められています。法人とは、法律の規定で人と同じような権利や義務を認められた存在のことです。「法」によって「人」と同じような資格を認められているから「法人」と呼ばれます。

引用:en転職「法人とは?言葉の意味を正しく理解しよう。」

 

そして法人には種類があります。

法人の種類
  • “会社”のような営利目的(お金を儲けることが目的)の組織
  • NPOのような非営利目的(お金を儲けることが目的ではない)組織
  • 独立行政法人(病院や大学など)のような公的機関(社会のために業務を行う組織)

つまり、会社とは営利目的の法人なんです。

 

法人は「個人が集まってできている集団」です。

人数の規模にもよりますが、法人は個人が集まってできている集団」です。

何よりも「」という字が入っていますもんね!

そのため人と同じように、法人にも性格や考え方があるんです。

 

実は、ここがポイントです。

今日イチのポイントなので何度も言いますよ。

Point!
会社は個人が集まってできている集団」と考えることができ、人と同じように性格がある!

 

ここで一旦、会社という考えを忘れてください。

みなさんの友達や周りの知人で考えていきましょう。

 

友達の信頼ってどうやって決めてる?

過去・現在・未来の3つの点

例えばあなたにこのような2人の友人がいると想像してみてください。

  • A君は無駄遣いをせず、お金の管理ができていてお金に余裕があります。時間や約束もきっちり守る人です。
  • B君はお金の使い方が荒く、収入よりも使いすぎてしまうことが多いです。時間にルーズでドタキャンもたまに・・・。

上記の2人に対して、どんな人物像を思い浮かべますか?

 

A君は、しっかりしていそう・堅実そう・誠実そう・お金に余裕があって気持ちにもゆとりがありそうです。

一方B君は、衝動的に好きなものを買っていそう・自分のお金を把握できていなそう・誠実ではなさそう・ノリで生きていそうです。

つまり、その人の生き方を見てみるとその人の性格や考え方が見えてきます。

 

結果には必ず理由がある。(なぜそうなったのか)

A君に対し「しっかりしている人だな~」と思うのは、今までのA君の誠実な生き方を見てきたからそう思うわけです。

B君に対しても同じで「ノリで生きていそうな人だな~」と思うのは、お金の使い方が荒く約束をドタキャンするB君の生き方を見てきたからです。

つまり、この2人に対する現在の見方(結果)は、過去の行動や言動(理由)によってつくられています。

 

これからの未来は、今までの傾向から予測することができる。

そしてさらに言えばこの2人は、「これからも同じ生き方をしていくのだろうな~」と傾向を予測することができます。

A君は誠実に生きていくのだろうな~。B君はノリで生きていくのだろうな~といった風に。

価値観が180度変わるような大きなきっかけや出来事がない限り、そう人は大きくは変化しないものです。

 

つまりこれって・・・過去から現在に至った理由(なぜそうなったのか)を読み解くことで、未来がどうなっているのかを予測することができるということになりませんか!?

ここで先ほどの今日イチのポイントを思い出してください。

Point!
会社は「個人が集まってできている集団」と考えることができ、人と同じように性格がある!

そうなんです。このA君、B君の過去~未来の話は、会社にも適応できるのです!

 

例えば、、、

  • A君は無駄遣いをせず、お金の管理ができていてお金に余裕があります。時間や約束もきっちり守る人=優良企業
  • B君はお金の使い方が荒く、収入よりも使いすぎてしまうことが多いです。時間にルーズでドタキャンも=赤字企業、ブラック企業

会社は人が集まっているからこそ、人と同じように性格が出てしまっていますね。 笑

会社ってよくわからなくて難しいものに感じやすいと思いますが、人と同じように考えてみると意外ととっつきやすく感じませんか?^^

 

”法人にこそ人格あり”

このブログの最初に、投資家たちはこの2つに着目していると書きました。

Point!
  1. 将来有望な企業を見つけるため
  2. 未来を予測するため

つまり、、、

  • 会社にも性格や考え方があり、信用できるかを見極めることで将来有望な企業を見つけることができる!
  • 過去から現在の傾向を読み解くことで、未来を予測することができる!

 

投資は自分のお金を提供してリターンを得る行為です。

信用できる友達には喜んでお金を貸せますが、信用できない人にはお金を貸したくありませんよね?

だからこそ法人の性格や考え方、お金の使い方や稼ぎ方の今までの傾向読み取っていくことで、優良企業や成長する可能性のある企業に投資ができ、しっかりリターンを得ることができるようになっていきます。

 

法人にこそ人格あり

政治や社会環境によっては、会社にとって業績の良い時もあれば悪い時もあります。

しかし、会社の本的な「人格」というものは変わりません。

多少の変動はあれど、「人格」がしっかりしていれば一時的な難はほとんど関係ありません。

むしろ変わった時点で、その法人はもう別人になってしまいます。

だからこそ人間力ならぬ「法人力」を見極めることが大切であると考えます。

引用:「財務諸表」&「四季報」の読み方セミナー資料より

 

その全てが書かれているもの。それが「財務諸表」と「四季報」だった。

そうなんです。

この過去~未来の話や法人の性格、良い人か悪い人なのかなどなど。

これらのすべてが書かれているのが「財務諸表」&「四季報」なんです。

 

友人の性格や特徴が書かれたプロフィール帳はないですが、会社の性格がすべて書かれているプロフィール帳=「四季報」と考えてみると、見方が変わりませんか?

投資家たちも「難しいことを勉強している」というよりは、「その会社の性格をもっとよく知りたい!」と考えられている方も多いのかもしれませんね!

財務諸表と四季報・・・すごい!

 

会社を見極めるポイント

これらはほんの一例ですが、参考に載せておきます。

  • 情熱・好きなこと
  • 才能・得意なこと
  • 性格・価値観
  • 苦手なこと・嫌いなこと

 

  • 過去はどんな性格だったのか
  • 現在の性格や特異な分野は何か
  • どんな強み・弱みがあるのか

 

  • これから始める事業が得意分野を活かしているか
  • 現在体力が少ないのに新しいことにチャレンジして大丈夫なのか
  • 同じ得意分野を持っている企業が同じビジネスを始めていないか

 

投資家たちが勉強するの、わかるわ~

企業も「人」と同じようにとらえる視点によって、一気に企業というものに対する見方が変わりました!

  • 「どんな性格なんだろう?」
  • 「信用できる人なのかな?」
  • 「どんな想いで生きているのだろう?」

 

日頃の生活の中で接していく人々と同じように、会社対しても同じ目線で判断していくということに親近感が湧きました。

(あぁ、就職活動の時にこれを知りたかった。。。orz)

いかに「法人力」を見極めていくかが大事ということですね!

 

トシヤ
それでは続きは「財務諸表」&「四季報」の読み方セミナー~実践編~」で!お楽しみに~♪

 

おわり

 

The following two tabs change content below.

トシヤ

メーカーにて電子部品の開発・設計エンジニアとして働いている27歳サラリーマン。 埼玉大学大学院理工学研究科卒。 エンジニアをやっているかたわら、考えごと・興味を持ったことにトライすることが好き。 趣味はストリートダンス・FX・英語・茶道。